[PR]

 第56回科学技術映像祭(日本科学技術振興財団など主催)の入選作が決まった。最高賞の内閣総理大臣賞には工房ギャレットとシネクライムが共同製作した「鳥の道を越えて」(科学技術教養部門)が選ばれた。岐阜県東濃地方でかつて盛んだった鳥猟文化を8年間追い続けた記録映画。終戦直後に禁じられた「カスミ網猟」が細…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも