[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック関連施設のバリアフリー化について、車いす観客席を全体の0・75%以上とする指針案を国や東京都、五輪組織委員会などが検討していることが分かった。20年大会メイン会場として計画中の新国立競技場(約8万人)は400席(0・5%)の予定で、設計変更か仮設席が今後検討される…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも