[PR]

 統一地方選で行われる五つの政令指定市長選が29日、告示された。札幌、相模原、静岡、浜松、広島で計17人が立候補を届け出た。札幌市長選では与野党が激突する構図だ。地域経済の活性化や高齢化への対応などが争点になりそうだ。4月12日に投開票される。

 5人の新顔が立候補した札幌では、自民党推薦の元総務省職員と、民主党、維新の党、社民党、新党大地が推薦・支持する元副市長が対決する。同じく与野党対決となった北海道知事選とともに激戦が予想される。

 広島では、前回の市長選で自民党が主導して擁立し、自民、公明両党の推薦で当選した現職を今回は民主党も推薦。サッカーJ1の「サンフレッチェ広島」元社長らと競う。

 相模原でも自公民が現職を推薦。同市では、市議選、神奈川県知事選、同県議選と四つの選挙が重なる。静岡では現職を自公などが推す。浜松では現職と共産推薦候補の一騎打ちになった。

 共産党は5市長選すべてに単独で公認、推薦候補を擁立した。

 (上地一姫)

 〈+d〉デジタル版に特集ページ

 

 ◆指定市長選の候補者

 ■札幌(5)

春木智江(はるきちえ)    56 党道副委員長    共新

本間奈々(ほんまなな)    45 〈元〉総務省職員  無新〈自〉

秋元克広(あきもとかつひろ) 59 〈元〉副市長    無新〈民〉〈維〉〈社〉〈大〉

飯田佳宏(いいだよしひろ)  42 〈元〉衆院議員秘書 諸新

須田真功(すだまさかつ)   52 アパート経営    無新

 ■相模原(2)

加山俊夫(かやまとしお)    70 〈元〉市助役   無現〈自〉〈民〉〈公〉

中野渡旬(なかのわたりじゅん) 66 〈元〉化学会社員 共新

 ■静岡(3)

田辺信宏(たなべのぶひろ) 53 〈元〉県議   無現〈自〉〈公〉〈改〉

松浦敏夫(まつうらとしお) 62 共産党県委員  無新〈共〉

高田都子(たかたともこ)  62 薬局会社取締役 無新

 ■浜松(2)

鈴木康友(すずきやすとも) 57 〈元〉衆院議員 無現

嶋田博(しまだひろし)   66 労組連合議長  無新〈共〉

 ■広島(5)

松井一実(まついかずみ)   62 〈元〉中労委事務長 無現〈自〉〈民〉〈公〉

荒木実(あらきみのる)    72 駐車場経営     無新

小谷野薫(こやのかおる)   52 〈元〉J1広島社長 無新

橋本征俊(はしもとまさとし) 34 〈元〉飲食業    無新

河辺尊文(かわべたかふみ)  60 〈元〉広島民商職員 無新〈共〉

    *

 市名の右のカッコ内は候補者数▽届け出順。氏名は原則として日常使用名。敬称略▽年齢は投票日(4月12日)現在▽党派は選管への届け出によるもの。政党の略称は公認、〈 〉囲みは推薦・支持で、原則として候補者側の同意があるもの。自(自民)、民(民主)、維(維新)、公(公明)、共(共産)、社(社民)、改(改革)。その他は諸(諸派)。無は無所属。〈大〉は地方政党の新党大地

こんなニュースも