[PR]

 高度成長期に郊外の鉄道沿線で宅地開発を進めてきた私鉄各社が葬祭業に相次いで進出している。人口減少時代の幕開けとともに、「ゆりかごから人生の締めくくりまで」という鉄道ビジネスは、「最終章」を迎えつつあるのか。

 ■沿線開発の宅地、高齢化進む

 29日、京王線北野駅(東京都八王子市)南口前に、葬儀場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも