[PR]

 二回2死。待っていた直球が内角高めに来たところを逃さなかった。高々と上がった打球が左翼席中段で落ちるのを見届けると、ゆっくりと一塁ベースへ走り出した。今季1号は8年目で最も早い開幕3戦目で生まれた。「気持ちいい自分のスイングができた。いい打ち方だからこそ、(ポール際で)切れずに入った」

 2戦まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも