[PR]

 マウスの腎臓がんの増殖は共に働く3遺伝子がうまく機能しなくなると起きるとの研究成果を、横浜市立大や熊本大、東京大などのチームが米科学アカデミー紀要に発表した。腎臓がんの薬の開発に役立つ可能性があるという。

 マウスは、腎臓がんの増殖を抑える「FLCN」遺伝子を失うと、腎臓が異常増殖して巨大化して死…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも