[PR]

 身の回りの工芸品に美を見いだす「民芸」という概念が打ち出されて、今年で90年。時代と共に様々な解釈をされながら、現代にもその精神は受け継がれている。

 「民芸」と聞くと、「旅先にある土産物」を思い浮かべる人が多いかもしれない。そのイメージは全くの誤りではないが、本来の意味とは少しずれている。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも