[PR]

 経済産業省は電源ごとの発電コストの見直しで、炉心損傷で放射性物質が外に拡散するような原発事故が起きる確率を大幅に減らす方向で検討に入った。原子力規制委員会が震災後に定めた新規制基準に対応することで、原発事故のリスクは減ると判断した。

 ■40年に1回→80年に1回

 民主党政権が2011年にまと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも