[PR]

 日本の宇宙開発の発祥といえば、糸川英夫博士が考案した「ペンシルロケット」です。ちょうど60年前、1955年4月12日に長さ23センチ、直径1.8センチ、重さ約200グラムのロケットが東京・国分寺で水平方向に発射されました。

 今月12日、発射場の跡地にある早稲田実業学校初等部で、60周年のセレモニ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも