[PR]

 国立がん研究センターは20日、胃がん検診ガイドラインの更新版を公表した。市区町村が実施する胃がん検診に、初めて内視鏡検査を推奨した。内視鏡検査の対象は、がんのリスクが高まる50歳以上が望ましく、受ける間隔は2~3年でもよいとしている。

 ガイドラインは、同センターの斎藤博・検診研究部長を主任研究者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも