[PR]

 2030年の温室効果ガス削減目標について、調整が大詰めを迎えている。経済への影響を心配して現状からの削減を20%台前半に抑えたい経済産業省と、20%台後半でないと国際的な責任を果たせないとする環境省で意見が相反しており、官邸を交えて最終判断する。政府は近く原案を示し、安倍晋三首相が各国首脳と会談す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも