[PR]

 世界自然遺産の知床国立公園(北海道)を調べている横浜国立大などのチームは、地球温暖化で個体数の増加が見込まれるエゾシカによる食害によって、生物多様性が失われ、生態系の機能も低下することが予測されると英科学誌ジャーナル・オブ・バイオジオグラフィー電子版で発表した。

 森章横浜国立大准教授らのチームは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも