[PR]

 大阪市をなくして五つの特別区を設けるいわゆる「大阪都構想」の住民投票を17日に控え、首相官邸と自民党の対応の違いが鮮明になっている。推進役の橋下徹大阪市長が最高顧問を務める維新の党と各選挙で戦う自民党側からは「反対」の声が上がるが、憲法改正などで維新と足並みをそろえたい首相官邸側は都構想にエールを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも