[PR]

 「エボラの父」。香港の日刊紙に昨年秋、1面写真つき大見出しで紹介された。1976年にエボラウイルスを発見した一人で、現在はロンドン大学衛生熱帯医学大学院学長。事あるごとに、感染症の脅威について警鐘を鳴らすスポークスマン役を担う。半生記「ノー・タイム・トゥ・ルーズ」が今春、日本で出版された。

 エボ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも