[PR]

 4回にわたるPTA企画には、たくさんの意見が寄せられました。最終回の今回は、いただいた疑問や要望に、PTA組織のトップである日本PTA全国協議会(日P)の会長が答えます。PTAは必要なのか、それとも不要なのか。アンケート結果と読者の意見も紹介します。

 ■学校との接点、意義ある

 【絶対必要】

 ●公立小の元PTA会長。教員は数年ごとに代わり、校風の継続はPTA役員の担う部分が大きい。先生方とPTA執行部が尊敬しあえば学校の雰囲気は良くなり、子供たちにも伝わる。(広島県・40代男性)

 ●PTAは単なる学校のサポーターではなく地域の基幹組織の一つ。学校をめぐる深刻な問題、つまり地域の「有事」が生じた時、保護者が責任と権能を持って向かい合える自主性・独立性も付与されている。活動のあり方に拘泥した不要論は、市民の貴重な権利を自ら返上する危険な考えだ。(東京都・40代男性)

 【必要】

 ●教育環境改善のために声を上げる時、一保護者の声を取り上げてもらえるか。多数意見を集約する組織は必要だ。(神奈川県・50代女性)

 ●一般社会と感覚の異なる先生方に異議を伝えられ、モンスターにならずに苦情を言える。保護者の異業種交流の場。(福岡県・40代女性)

 ●中学校教員。閉鎖的な学校に外部との接点を無理にでも作る意義は大きい。(神奈川県・30代男性)

 【あってもよい】

 ●PTAはあった方がよいが、日Pは子育て世代の代表組織として政治的・社会的に意見表明する役割は終えている。(岩手県・40代男性)

 ■いじめ生む現状、解体を

 【絶対不要】

 ●弱者にまで「平等」という鉄拳を振りかざし、PTA仕事を強要しなければならないとしたら、PTAは悪にしかなりません。(群馬県・40代女性)

 ●参加しなければ保護者の間でいじめが広がり、子どもの関係にまで波及していくような現状をなくすためには、解体が必要だと思います。(奈良県・40代女性)

 【不要】

 ●高校のPTA担当者は、集金装置の末端だといわれています。学校にPTA名義でエアコンを入れてもらっている状況では、任意加入ということは、なかなか確認を徹底できません。一度、現在のPTAを解散し、学校を離れたPTAとして組織化することはできないでしょうか。(群馬県・50代男性)

 ●究極的には日Pの存在が疑問。会長の出席するイベントや発言も、色々な意見の親がいる中で不適当と思われるものもある。全国の親の代表のような顔で発言されるのはなんで、と思う。(東京都・40代女性)

 【なくてもよい】

 ●「1家庭1仕事」や「1児童1役員」など、役の強制があるから親同士ぎくしゃくする。立候補でしか役や仕事が割り振られなくすればいい。それで成り立たなくなるなら、なくなってもよい。(大阪府・40代女性)

 ■忙しいからやらない、なぜ? 日本PTA全国協議会会長・尾上浩一さん

 アンケートに集まった意見を見て、保護者の「やらされている」という意識が強くなっていると感じました。PTAは地域活動です。ゴミ出しや掃除当番などで、みんな地域のお世話になっている。その分地域に貢献する形の一つがPTAです。「不要」という意見が多いですが、子どもたちが地元意識をしっかり身につけ、帰属意識や規範意識、地域を思う気持ちなどを育むために、PTAは絶対に必要です。それなのに「共働きだから忙しい」という理屈でやりたがらないのは、よく分かりません。

 それぞれのPTAに課題はあるでしょう。強制的に役員をやらされたり、PTA活動に使われるべき会費が学校予算の一部のように扱われたりすることもあるようです。変えることはエネルギーがいるので、きっと同じやり方がずっと続いているんでしょう。

 PTAで何かを変えようとするときには、よく話し合うことが大事です。「仲良しクラブ」のように一部の人たちだけの考え方でやってしまうと難しい。活動を残したい人の理由も聞かずに「必要ないと思うから」と意見をぶつけたところでしょうがない。

 PTAの原則は任意加入で、会員と非会員の子どもを差別するものではありません。ですが、それをあえて周知する必要はないと思っています。全ての保護者と教師が、良い教育環境をつくるために集まる会です。みんなが一緒にやらなければよくならない。

 役員を断ったら嫌がらせをされたとか、いじめられたとか、「ちょっとぐらいのこと」ではないでしょうか。参加できない理由があるなら、陰口を言われても別に気にする必要ないじゃないですか。人が集まればいじめのようなことはどこでも起こります。その解決方法を探るのも、経験になるのではないでしょうか。

 何か手をさしのべてあげたいけれど、一つ一つには対応できません。私たちにできることは、全国大会などを通じてPTAの意義を理解してもらい、多くの会員が「一緒にやっていこう」と前向きな意識になるよう努力することです。(田中聡子、堀内京子)

 〈+d〉デジタル版に詳報

    *

 おのえ・こういち 1964年生まれ。経営コンサルタント。2013年6月から現職。兵庫県PTA協議会会長、中央教育審議会委員も務める。

 ■不要の声が多い理由、考えよう 取材班から

 アンケートに全国から体験談が集まり、PTAの全体像が見えてきました。「仲間との楽しい思い出」といった熱い思いがつづられる一方、不満や苦痛を訴える声も大量に寄せられました。同じテーマについて語っているとは思えないほど、評価は割れています。

 共働きや専業主婦、ひとり親など家庭の多様化、半強制的に参加させられる女性と本部以外の参加を期待されない男性、ピラミッド型組織動員といった問題も浮かんできました。まるで社会の縮図のようです。

 日Pの尾上会長は、自分の理想的なPTAを語っているのかもしれません。しかし、「子どものため」という言葉は、異論を許さない同調圧力を生み出す場合もあります。役員決めで保護者が分断されたり、目的の不明確な行事にかり出されたり。そんな現状をこのままにしていいとは思えません。なぜ「PTAは不要」とする声が多いのか、もう少し耳を澄ますべきではないでしょうか。

 寄せられたご意見の中には、こうした課題に一つ一つ向き合って、改革が進んだ例もありました。一方で、変えることを拒む前例主義と、限られた時間で改革を試みざるを得ない現実が、ぶつかる事例も少なくありませんでした。

 PTAが入退会自由という原則は、知られつつあります。でも実際に退会を選ぶことは簡単ではありません。だからこそ、楽しむ人が増えるようなPTAの形を原点に戻って考える必要があるのではないでしょうか。今回の企画がその一つの手がかりになることを願いつつ、私たちは取材を続けます。

 ◆このシリーズは杉原里美、田中郁也、田中聡子、畑川剛毅、堀内京子、宮坂麻子が担当しました。

 ◇次回31日は『ロボットと私:1』

 ヒト型ロボットが身の回りにも少しずつ増えてきました。15年後の2030年は、どのようなロボット社会になっているでしょうか。人間の生活と、ロボットの活動の間の、どこに線を引くのか。引かないのか。次回から考えます。

 ◇朝日新聞デジタル(http://t.asahi.com/forum別ウインドウで開きます)で「ロボットと私」のアンケート中。ご意見はasahi_forum@asahi.comメールするか、〒104・8011(住所不要)朝日新聞オピニオン編集部フォーラム担当へ

こんなニュースも