[PR]

 アイルランドが国民投票で同性婚を認める憲法改正を決めたことについて、ローマ法王庁(バチカン)の首相にあたるパロリン国務長官は26日、「キリスト教の原理のみならず、人類にとっての敗北だ」と述べ、遺憾の意を示した。バチカン放送が伝えた。

 ローマ・カトリック教会は、同性愛は自然に反するとして反対する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも