[PR]

 アメリカは2030年代に火星への有人飛行をもくろんでいますが、実現には、許容量を超える放射線の対策など、いくつかの課題が指摘されています。その一つが、往復に最低でも2年半以上かかる火星までの長期飛行で、宇宙飛行士たちの心理面に与える影響が懸念されています。

 そのため、昨年10月から男女6人の宇宙…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも