[PR]

 濃密な女性同士の恋愛の世界を描いてきた作家・中山可穂さんが、宝塚歌劇団を舞台にした新作『男役』(KADOKAWA)を刊行した。女でありながら、男を演じる「男役」。鍛錬によって「性転換」した表現者たちの、人知れぬ孤独や葛藤に光をあてた。

 50年前、舞台事故で亡くなった伝説の男役トップスター。現世に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも