[PR]

 「放浪の画家」は、美術と障害者福祉、大衆文化が交わる場に立っている。

 障害者らによる美術表現を意味することが多い「アール・ブリュット」。東京都が2020年に向けて策定した東京文化ビジョンは、その発表の場を設けることをうたう。滋賀県が19年度内の開館を目指している美術館でも、柱の一つとなっている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも