[PR]

 ◇戦世(いくさゆ)を生きて

 日本が終戦を迎えた後も、最南端の有人島・波照間(はてるま)島(沖縄県竹富町)では、「戦争」が続いていた。

 敵は、伝染病のマラリア。今も島に住む浦仲孝子さん(84)は1945年9月から翌年1月にかけ、家族を次々に亡くした。

     *

 にぎやかだった11人。まず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも