[PR]

 米国の連邦最高裁が先月26日、「同性婚の権利は憲法で保障されている」として、すべての州で認める判決を言い渡した。急速に変わる米国の世論を象徴する判断であると同時に、性的少数者(LGBT)への理解を求めてきた、長年の運動の成果だ。

 ■46年前、摘発への抵抗が原点 今は大企業も支援

 6月28日、虹色の旗を持った人がニューヨークの五番街であふれ、「ハッピー・プライド!」の声がビルの谷間に響いた。LGBTの人たちがありのままの自分たちに誇りを持とうと、全米で行進する年に1回のイベントは名前も「プライド(誇り)」。主催者によると、ニューヨークでは約2万2千人が行進した。

 2日前に最高裁が全米で同性婚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも