[PR]

 6月26日、東京・霞が関の経済産業省で、半年ぶりとなる原子力小委員会が開かれた。総発電量のうち原発を約2割とする2030年度の電源構成案が固まったのを受け、原発を維持する政策を検討するためだ。

 会合の直前、宮沢洋一経産相は、「核燃料サイクル事業」の継続策を検討する作業部会を、小委員会のもとに立ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも