[PR]

 国立天文台、東京大学などの研究チームが、ハワイの「すばる」望遠鏡に設置した、超広視野の高性能カメラ(HSC)で、宇宙にある「暗黒物質(ダークマター)」の分布を調べ始めています。

 物質を構成する最も基本的な粒子は、ヒッグス粒子を含めて17種類確認されています。しかし、それだけでは宇宙の成り立ちを説…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも