[PR]

 ◇No.1330

 「福島へ行きたい。自分の目で被災地を見たい」

 2011年3月末、琉球大理学部の大瀧研究室で、こう言い出したのは野原千代(のはらちよ)(60)だった。

 社会人入試で畑違いの世界から修士課程に入ってきた1年生。琉球大から大学院へ進み、研究を続ける「若い先輩」に囲まれた新人だっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも