[PR]

 安全保障関連法案を審議する衆院特別委員会の浜田靖一委員長は14日の理事会で、15日に締めくくりの総括質疑を行い、その直後に法案を採決することを職権で決めた。野党はこれに反発して採決を欠席する構えだ。与党は単独で委員会採決を強行したうえで16日の衆院本会議で法案を可決、参院へ送る方針だ。

 法案につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも