[PR]

 断食月のインドネシア・スマトラ島メダン。古びたラブホテルを利用した収容施設の1部屋に6人から8人、計43人のイスラム教徒ロヒンギャ族が暮らす。

 敷地から外出は許されず、電話もない。お祈りと雑談で時を過ごすほかない。それでも「いまは幸せ」と口をそろえる。たどりつくまでの過酷さの裏返しなのだろう。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも