東日本大震災後の岩手県訪問で、天皇陛下が北海道・奥尻島の津波被害の教訓に触れたことは、6回目に書いた。

 北海道南西沖地震は1993年7月12日夜に発生。震源に近い奥尻島は繰り返し津波に襲われた。島の約200人を含め、道内で計約230人が死亡・行方不明となった。

 宮内庁から北海道庁に「両陛下がお…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも