[PR]

 芥川賞に決まった又吉直樹さんの小説「火花」(文学界2月号)は、今年3月刊行の単行本が爆発的な売れ行きを見せ、すでに60万部を超えるベストセラー。いま、日本で最も売れている文芸書だ。人気の秘密はどこにあるのか。さまざまな視点から、4人に読み解いてもらった。

 ■「神聖な阿呆」が胸を打つ 中江有里

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも