[PR]

 米国航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ」が、日本時間の7月14日午後8時49分、9年半の長旅を経て、冥王星に最接近し通過しました。

 接近距離は1万2500キロ。通過の瞬間は地球との交信がありませんでしたが、同15日午前9時52分、地上管制官が探査機からの信号を予定通り受信し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも