[PR]

 ◇No.947

 桜美林大学1年の柴田佳奈さん(18)は今春、地元の岩手県大船渡市を離れ、東京で暮らす。

 中学2年の時に亡くした父・憲広さん(当時62)の思い出の品は、あえて持ってこなかった。

 「思い出すとつらいから」。ぽつりと言った。

 でも最近、顔や声が思い出せない時がある。「お父さんの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも