[PR]

 ◇カジュアル読書

 2055年、電子書籍が当たり前の時代、紙の本が壁一面を埋める書斎を持つ主人公の父。反発して全く本を読まなかったが、父の死後、書斎の鍵を捜す羽目に。『書斎の鍵 父が遺した「人生の奇跡」』(喜多川泰著、現代書林・1512円)は自分は運が悪いと嘆いていた主人公が、1冊の本から思いが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも