[PR]

 台湾で高校の歴史教科書をめぐる対立が激しくなっている。馬英九(マーインチウ)政権が進める学習指導要領の改訂が、台湾のルーツは中国と強調する「中国史観」への揺り戻しと受け止められているためだ。反発する高校生らが教育部(教育省)に突入する騒ぎも起きた。

 教育部によると、突入があったのは23日夜。18…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも