[PR]

 「生きよ堕ちよ」。無頼派作家が残した言葉は、70年たった今も若者の心に響く。

 政権が変われば政策は変わる。大震災後の鎮魂の思いはどこへやら、と嘆いてみても仕方ない。政治の潮目など簡単に変わるもので、その典型が70年前の夏だった。

 〈半年のうちに世相は変(かわ)った〉と始まる坂口安吾の「堕落論…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも