[PR]

 一票の格差の是正のため、参院の定数を「10増10減」する改正公職選挙法が28日に成立し、各党は来夏の参院選に向けた戦略を練り始めた。定数増の選挙区で議席獲得を狙う一方、合区対象の4県で改選数が2減するため、自民党は地域代表がいなくなる可能性のある県で「救済策」も検討している。合区の対象県では選挙事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも