[PR]

 韓国の黄教安(ファンギョアン)首相は28日、中東呼吸器症候群(MERS〈マーズ〉)について、「国民がもう安心してもいいというのが医療界と政府の判断だ」と述べた。治療中の感染者がおり、世界保健機関(WHO)の終息宣言の基準は満たしていない。それでも「安心」を強調する背景には経済への悪影響がある。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも