[PR]

 安全保障関連法案をめぐる国会論戦は28日、参院特別委員会に攻防の舞台を移した。法案への「違憲」批判が高まるなか、民主党は世論の共感を得られるとみた憲法論に狙いを絞って追及。国民の理解を得ようと守りを固める政権は、法案の必要性を訴える手がかりを安全保障論に求め、中国の台頭など軍事的な「脅威」を強調し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも