[PR]

 来年夏の参院選から、鳥取と島根、徳島と高知の選挙区を統合する「合区(ごうく)」の導入などで定数を「10増10減」する改正公職選挙法が28日、衆院本会議で自民党などの賛成多数で可決、成立した。「一票の格差」を小さくするための措置で、最高裁判決で「違憲状態」とされた2013年参院選の最大格差4・77倍…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも