[PR]

 2009年に打ち上げられた米国航空宇宙局(NASA)の衛星「ケプラー」は、その宇宙望遠鏡で、2013年までの4年間に約15万個の恒星(太陽のように自ら輝く星)の明るさを測定しました。さらに、各恒星の周りを回る惑星が、母天体となる恒星を隠す時に生じる明るさの変動周期を測ることで、多くの太陽系外惑星の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも