[PR]

 戦時中の強制連行を巡る問題で、3765人の中国人労働者を使っていたとされる三菱マテリアル(旧三菱鉱業)が元労働者側との和解を目指す大きな判断に踏み切った。政府の立場を離れてでも歴史の清算を目指す背景には、強制連行の事実を認めた日本での裁判に加え、統一交渉団を作るなど元労働者側の闘い方の変化もある…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも