[PR]

 特定の人種や民族への憎悪をあおるヘイトスピーチを禁止する法案の審議が4日、参議院で始まった。人種を理由とする差別の禁止を原則とし、国や自治体に防止策をつくる責務があるとするのが法案の柱。罰則は設けない「理念法」だが、ヘイトスピーチの法規制には「表現の自由」との兼ね合いから課題も指摘されている。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも