[PR]

 「戦争」にこだわるという企画を持ち、8月にそれを舞台化する試みをしてきた劇団青年座が、戦後70年の今年、このシリーズにふさわしい力作を送り出した。何の飾り気もない「外交官」(野木萌葱〈もえぎ〉作、黒岩亮〈まこと〉演出)というタイトルである。

 太平洋戦争の戦犯を裁くいわゆる東京裁判の対策として、総…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも