[PR]

 性犯罪の厳罰化を議論してきた国の有識者会議は6日、報告書をまとめた。強姦(ごうかん)罪などを「被害者の人格や尊厳を著しく侵害する犯罪」と位置づけたうえで、同罪の法定刑の下限を引き上げ、被害者の告訴がなくても罪に問えるようにするべきだとの意見が多数を占めた。法務省はこの報告書を踏まえ、刑法改正が必要…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも