[PR]

 直径1ミリほどの小さな燃料に強力なレーザー光をあてて核融合反応を起こす基礎研究を、大学や企業が進めている。日本の研究者が提唱した「高速点火」と呼ばれる方法を使い、将来、小型で効率のよいレーザー核融合炉を実現するのが目標だ。

 大阪大の研究チームは7月、大阪府吹田市の設備で、出力2千兆ワットと世界…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも