[PR]

 <文庫>

 ●岡本太郎著『日本再発見 芸術風土記』 高度成長直前の1957年、土着・野生の生命力に根ざす新しい芸術の可能性を求めて、岡本は日本各地を訪ねた。鬼剣舞(おにけんばい)や阿波踊りに足を運び、京の茶会や大阪の街場で議論する。日本の現況への巨大な「愛情と憎しみ」に満ちた紀行に、人々の表情や風…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも