[PR]

 いろんな節目を抱えた夏が行こうとしている。

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の胸中は8月、安寧ではなかったことだろう。戦後70年の安倍談話のために。

 談話は、安倍政権がとってきた「韓国軽視」路線を踏襲した。にもかかわらず翌日の植民地解放70年を祝う式典での演説で、朴氏は今後の日本の取り組みに期待…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも