(いちからわかる!)政党交付金ってなに?

有料会員記事

[PR]

 ◇「税金(ぜいきん)をもとに政党に配るお金。汚職事件(おしょくじけん)の反省(はんせい)から導入

 コブク郎 政党交付金(せいとうこうふきん)って、なに?

 A 国が政党(せいとう)の活動(かつどう)を助けるために配るお金のことだ。国民(こくみん)1人がコーヒー1杯分ほどの250円を負担(ふたん)するという触(ふ)れ込(こ)みで、20年前に始まった。政党ごとの国会議員(こっかいぎいん)の数と選挙(せんきょ)で得た票(ひょう)の数で額(がく)が決まる。2014年は全部(ぜんぶ)でおよそ315億円が支払(しはら)われたよ。

 コ 政治資金(せいじしきん)とはどこが違(ちが)うの?

 A 政党交付金は政治資金の一つだ。政治資金にはほかに、政党や政治家(せいじか)が、個人(こじん)や企業(きぎょう)からもらう寄付(きふ)や、政治資金パーティーという催(もよお)しを開いてもらう会費(かいひ)などがある。政治資金は、得た額や使った額、使い道などを毎年、帳簿(ちょうぼ)に記して国などに報告(ほうこく)する。このうち政党交付金だけは、税金(ぜいきん)がもとなので、別に報告する必要があるんだ。

 コ …

この記事は有料会員記事です。残り515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載いちからわかる!

この連載の一覧を見る