[PR]

 居酒屋チェーンのワタミが介護事業の売却交渉に入った。「ブラック企業」批判で収益が悪化し、苦渋の撤退を強いられる形だ。成長分野とされる介護事業には異業種企業の参入が相次いでいるが、人手不足などで事業に難しさも出てきている。

 「2年前までは業界トップクラスの入居率だったのに……」。ワタミ幹部はそう肩を落とす。

 居酒屋「和民」を中心に全国で500以上の飲食店を構え、上場企業の信用力も背景に「広告を打てばお客さんが来る状況だった」というワタミの介護事業。2004年に参入し、有料老人ホームや通所施設など125カ所を展開。利用者数を順調に伸ばしてきた。

 風向きが変わったのは13年の夏ごろ。ワタミの社員向け冊子に「365日24時間死ぬまで働け」と書かれていたことや、新入社員が過労で自殺したことがネットなどで取りあげられ、「ブラック企業」のイメージが広がった。

 その頃、創業者の渡辺美樹氏が参院選で初当選。メディアで「レッテル貼りだ」と反論したり、反省の弁を述べたりしたが、傷ついたブランドの回復は進まず、主力の「和民」で客離れを招いた。介護事業にも逆風で、93%あった有料老人ホームの入居率は現在、78%まで落ち込んでいる。

 ワタミの15年4~6月期決算は営業損益が9億円の赤字、純損益も15億円の赤字と、98年の東証上場以来最悪となった。介護事業の営業損益も、前年同期の7億円の黒字から、1億円の赤字に転落した。

 ワタミは介護事業について損害…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも