[PR]

 全国規模で電力の融通を調整する「電力広域的運営推進機関」は15日、東北地方と首都圏を結ぶ送電網の容量を2倍強に増やす計画の基本方針を公表した。電力販売の全面自由化を控え、東北で発電した電気を首都圏に送りやすくする。

 東北電力と東京電力の供給エリアを結ぶ「連系線」という送電線の容量を、現在の500…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも