[PR]

 1970年代後半、極端な共産主義政策を掲げたポル・ポト政権のもと、虐殺や強制労働などで170万人が命を落としたカンボジア。映像や映画がこの時期に失われ、伝統文化の継承も途切れた。多くの若者は当時を知らない。

 「虐殺とは人を殺すことだけではない。国のアイデンティティーを破壊し、『集団の記憶』を抹消…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも