[PR]

 先日の関東・東北の記録的な豪雨や、8月の台風15号による被害などを受け、損害保険各社が2015年度に支払う保険金が1千億円を超える見通しになった。風水害への保険金が1千億円を超えるのは4年ぶりで、昨年度の2倍超の規模となる。

 日本損害保険協会の鈴木久仁会長(あいおいニッセイ同和損保社長)が17日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも